トップ

シェアハウスを経営する

若い女性に利用者が多いシェアハウス

今人気のシェアハウスとは

賃貸経営をやっている人の中には、空室率の高さに悩みを抱えている人も多いでしょう。賃貸経営では1人退居してしまうと、その分の家賃収入がまるごと減ってしまうためです。
特に築年数が経って古くなってしまった物件は、なかなか新しい入居者が見つかりません。そこで、シェアハウスという形態で経営してみようと考える人も近年増えてきています。

シェアハウスは比較的大きめの住宅を複数の単身者が入居して住みます。個室と共用スペースがあり、お互いに交流しながら暮らせる仕組みです。

一般的なワンルームマンションなどでは、隣に住んでいてもほとんど話したことがないというケースが少なくありませんが、シェアハウスなら密度の高い付き合いができるのです。共用スペースはお風呂場やトイレだけでなく、リビングルームやキッチンなどもあり、入居者同士が交流を持てるのです。

このシェアハウスはメディアなどで紹介されたこともあり、2006年ごろから都市部で急速に普及してきています。都市部では通常のワンルームマンションの家賃が高いですが、シェアハウスならリーズナブルな家賃で入居できるということで人気を集めています。

シェアハウス事業者の数も1990年と比較すると2006年で5倍を超え、2013年では20倍を超える水準になっており右肩上がりで伸びています。年率で見ると約30パーセントの増加率です。

利用者は20代くらいの若い世代の人が中心で、比較的女性が多い傾向にあります。入居者はお互いに他人同士であるため、一つ屋根の下で生活することに不安を抱える人もいますが、個室に鍵を付けているシェアハウスも多いです。

経営する側にとっても、通常の物件を少しリノベーションするだけで簡単にシェアハウスにできるということが大きなメリットです。
賃貸経営で空室にお悩みならこちら。

Copyright © 若い女性に利用者が多いシェアハウス. All rights reserved.