トップ / シェアハウスの良い所

シェアハウスを経営する

シェアハウスの良い所

低リスクで安定した収入が得られる

シェアハウスを経営する場合には、一般の賃貸経営と比べてメリットが多いです。

まず、一般的には、1つの物件に入居者が1人というのが前提です。部屋だけでなく、トイレやお風呂、キッチンなども1人に対して1つずつ必要になるのが当たり前ですよね。

これに対してシェアハウスなら1つの物件に複数の人が入居できるため、1人に対して1つ必要になるのは個室だけです。キッチンやトイレなどは1つのものを入居者全員で使用できるため、初期投資がかなり安く抑えられるのです。必要な改装なども少なくて済み、元手が少なくても始めやすいですね。同じ人数の入居者がいる場合に、トータルの面積も狭くて済みます。

そして、家賃が安いということが入居者にとってのシェアハウスのメリットのうちの1つですが、ワンルームマンションと比べてそれほど大きな差はありません。そのため、初期投資に対する利回りで見てみると、20パーセントを超える場合もあります。特に中古の物件を少しリノベーションしてシェアハウスにした場合には、高い利回りが期待できます。さらに、不動産投資をするにあたっては、空室リスクが付きものです。賃貸経営に失敗する人は空室率が高いことが主な原因であるケースが多いです。

対してシェアハウスなら、1つの物件に複数の入居者が、それぞれ別々の契約で入居しているため、一度に全員退去することはほとんどありません。シェアハウスは供給よりも需要が高めであることから、退去者が出た場合でも比較的早く新しい入居者が見つかります。稼働率がかなり高いのです。一般的な賃貸経営の場合には1年以上空室になっている部屋も見られ、場合によっては入居者がゼロになってしまうこともあります。

シェアハウスの場合は空室リスクが低く、入居者がゼロになることはほとんどありません。安定して家賃収入を得ることがでるのです。入居者を募集する際にも、インターネットを使って安い費用で募集できるというのも、シェアハウスのメリットの1つです。

Copyright © 若い女性に利用者が多いシェアハウス. All rights reserved.